【由布院 鞠智】おすすめのコンフィチュールの使い方




前回は「コンフィチュールとは何か?」という事をおこたえしましたが、今回はお客さんからよくいただく質問の「コンフィチュールの使い方」についてご説明いたします。


 前回の記事「【由布院 鞠智】コンフィチュールとジャムの違いについて」はこちら

http://cucuchi.jugem.jp/?eid=31

 

前回の記事でもお話しした通り、コンフィチュールはフランス語でジャムの意味ですので、ジャムと同じような使い方をしてもらって結構です。
 けれども、果実感たっぷりのコンフィチュールならではの楽しみ方もございますので、おすすめのお召し上がり方をご紹介させていただきます。



■コンフィチュール+パン

 

まずは最もベーシックな、パンにつけてお召し上がりください。

 

少し応用編のレシピもご紹介します。

 

○ジャムバター

食パン・・・・・・・・・・・・・・・1枚

お好みのコンフィチュール・・・大さじ1杯

バター・・・・・・・・・・・・・・・10g

 

□ちょっとひと手間□

バターをあらかじめ常温に戻し、コンフィチュールと混ぜておくとなめらかな食感になっておすすめです。

 

 

○イギリス風スコーンにつけて

スコーン・・・・・・・・・・・・・・1個

お好みのコンフィチュール・・・小さじ2杯

クロテッドクリーム・・・・・・小さじ2杯

 

※スコーンに合うコンフィチュール

いちごミルク/ロイヤルミルクティー/カフェオレ/抹茶ミルク

 


 

■コンフィチュール+飲み物

 

コンフィチュールは飲み物にもよく合います。冷たい飲み物から温かい飲み物まで、様々な使い方が出来ますので是非お試しください。

 

 

○ジンジャーエール

炭酸水・・・・・・・・・・・・・・・・・150ml

レモンジンジャーコンフィチュール・・小さじ2杯

 

□ちょっとひと手間□

レモンジンジャーは粘度があり溶けにくいので、少量のお湯であらかじめ溶かしておくと綺麗に混ざります。

 

※炭酸水に合うコンフィチュール

あまおう/トリプルベリー/レモンジンジャー/柚子

 

 

○柚子湯

お湯・・・・・・・・・・・・・・150ml

柚子コンフィチュール・・・・小さじ2杯

 

□ちょっとひと手間□

蜂蜜を少したらすと、甘さにコクが出て違った味わいを楽しめます。

 

※お湯に合うコンフィチュール

レモンジンジャー/柚子


おすすめはレモンジンジャーを炭酸水に溶かして飲むジンジャーエールです。辛味のあるジンジャー(生姜)とレモンの酸味、蜂蜜の甘みがよく合います。スタミナをつけるのに暑い季節にもうってつけです。

 

レモンジンジャーの他にもあまおうやトリプルベリー、柚子も炭酸水によく合います。柚子も少し溶けにくいので、少量のお湯で溶かして炭酸水を注ぐと、柚子の爽やかな香りが存分に味わえます。あまおう、トリプルベリーはそのまま炭酸水に溶かしてもらって結構です。色合いも綺麗ですので、ノンカルコールカクテルのようにもお使いいただけます。

 

また、お湯に溶かすだけで簡単にできるのが柚子コンフィチュールを使った柚子湯です。お湯に溶かすだけですので、香り高い柚子湯が出来上がります。柚子コンフィチュールは柚子由来のペクチンが柚子の白皮に含まれているため、そのままお茶うけなどにも使えます。

 



■コンフィチュール+ミルク

コンフィチュール+ミルク

 

○コンフィチュールラテ

温めた牛乳・・・・・・・・・・・150ml

お好みのコンフィチュール・・小さじ2杯

 

□ちょっとひと手間□

ホットミルクがおすすめですが、果実のコンフィチュールを冷たい牛乳に溶かしても美味しくいただけます。

 

※牛乳に合うコンフィチュール

HOT

ミルク/ロイヤルミルクティー/カフェオレ/抹茶ミルク

 

COLD

あまおう/ブルーベリー

 

ホットミルクに混ぜてコンフィチュールラテもおすすめです。ホットミルクにミルクコンフィチュールを入れると、ほのかな練乳の甘みが広がって幸せな気分になれます。ホットミルクにはミルク系(カフェオレ、ロイヤルミルクティー、ミルク、抹茶ミルク)のコンフィチュールの相性が良いので、こちらもお試しください。

 

また、冷たい牛乳に果実のコンフィチュールを混ぜてフルーツラテとしてもご利用ください。冷たい牛乳にコンフィチュールを入れるだけですので、朝食などにもぴったりで、朝の糖分補給にもうってつけです。


■コンフィチュール+紅茶

 

 

コンフィチュール+紅茶

 

○ロシアンティー

紅茶(アッサム)・・・・・・・・150ml

お好みのコンフィチュール・・大さじ1杯

ウォッカ(お好みで)・・・・小さじ1杯

 

□ちょっとひと手間□

先に紅茶を淹れて、飲む前にコンフィチュールをお入れください。茶葉は雑味が少ないシンプルなアッサム種がおすすめですが、他の茶葉でも結構です。

 

※紅茶に合うコンフィチュール

あまおう/りんご紅茶/レモンジンジャー/ミルク

 

 

ロシアでは紅茶とジャムを一緒に飲む習慣があることから、ロシアンティーと呼ばれています。本場ロシアでは、気温が低く冷めないように紅茶にジャムを入れずに紅茶を飲んでから、スプーンですくったジャムを口に入れるそうです。また、身体を温めるためにウォッカも一緒に入れるので、本格派のロシアンティーを味わいたい方はお試しください。大人の味わいのロシアンティーを楽しめます。

 

こちらもミルクと同様アイスティーにも合います。コンフィチュールを入れるだけで簡単にフルーツティーが楽しめます。こちらもアッサムがおすすめですが、ダージリンやアールグレイでも問題ありませんが、アイスティーだと渋みが出やすいので少し多めにコンフィチュールを入れていただくと良いかもしれません。また、紅茶の渋みであるタンニンは水出しアイスティーだと出にくいのでフルーツティーには相性が良いです。作り方はいたって簡単で1000ccの水に10gの茶葉を入れて、一晩寝かせるだけです。こちらもお試しください。

 

 


■コンフィチュール+ワイン

 

 

 

○コンフィチュールのサングリア

赤ワイン・・・・・・・・・・・・100ml

お好みのコンフィチュール・・小さじ1杯

シナモンスティック・・・・・・・・1本

 

□ちょっとひと手間□

湯煎をしてホットワインもおすすめです。

 

※合うコンフィチュール

トリプルベリー/オレンジ

 

 

ワインにフルーツを漬け込むサングリアもコンフィチュールを使えばお手軽に作ることができます。

こちらもロシアンティーと同様に酸味や渋みの少ないワインがよく合います。ボジョレーヌーボーなどはフレッシュな味わいですので、フルーティーなコンフィチュールを入れて飲むには最適です。

 

個人的にもおすすめなのがホットワインです。冬の寒い時期に飲むとワインの香りとコンフィチュールの甘みで直火で温めてもらっても良いですが、香りを飛ばさないために湯煎がおすすめです。小さめの鍋に浅くお湯を張り、耐熱容器に入れたワインを温めるだけです。シナモンスティックはお好みですが、シナモンパウダーでも代用できます。

 


■コンフィチュール+シャンパン

 

○フルーツシャンパン

シャンパン・・・・・・・・・・・・150ml

お好みのコンフィチュール・・・小さじ2杯

 

□ちょっとひと手間□

ミントの葉などを浮かせると緑が映え、ミントの香りが味のアクセントになります。ミントの香りが好きな方は少しはを潰すと香りが強くなります。

 

※シャンパンに合うコンフィチュール

あまおう/りんご紅茶/白桃/ブルーベリー

 

 

先ほどのワインと合わせて、シャンパンにもコンフィチュールはお使いいただけます。

特にあまおうは濃い赤の色合いもシャンパンによく映え、パーティーの飲み物などにもぴったりです。上品な甘さのコンフィチュールなのでシャンパンのようなアルコールとの相性も良いです。

 

また、ワイン、シャンパンのほかにもレモンジンジャーコンフィチュールなどは焼酎のお湯割などに入れていただいても、違った味わいが楽しめますので、焼酎好きの方は是非お試しください。

 

 


■コンフィチュール+ヨーグルト

 

コンフィチュール+ヨーグルト

 

○フルーツヨーグルト

ヨーグルト・・・・・・・・・・・・100g

お好みのコンフィチュール・・・大さじ1杯

 

□ちょっとひと手間□

コンフィチュールを混ぜたヨーグルトを凍らせて、ヨーグルトアイスもおすすめです。

 

※ヨーグルトに合うコンフィチュール

かぼす/ブルーベリー/トリプルベリー/りんご紅茶

 

 

こちらもシンプルな食べ方ですが、ヨーグルトの上にかけるといつものヨーグルトが贅沢な味わいになります。おすすめはかぼすのコンフィチュールです。かぼすの爽やかな香りとヨーグルトのまろやかな甘みがよく合います。

 

また、ヨーグルトとコンフィチュールをあらかじめ混ぜたものを冷凍できるタッパーなどに入れ、そのまま冷凍庫で凍らせてヨーグルトアイスにもなります。自然な甘さの健康的なアイスクリームも気軽にお作りできます。

 


ここに挙げた使い方は一部ですので、まだまだ使い道はございます。

お客さんの中には、スプーンですくってそのまま食べる方もいらっしゃいますし、レモンジンジャーコンフィチュールを生姜焼きに使うという方もいらっしゃいました。ぜひご自分なりの使い方を探していただければと思います。

「こういう使い方をしている」「これにつけたら美味しかった!」というものがありましたら、コメントなどいただけたら幸いです。

 

※店頭、通販ともにコンフィチュールの使い方を載せたリーフレットをご用意しております。


| / |
^

このブログについて

由布岳のふもと、湯の坪通りでコンフィチュール等の手作りスイーツをお届けする「由布院 鞠智(くくち)」。
商品の紹介や由布院の日々の出来事を紹介するブログです。

由布岳のふもと、湯の坪通りでコンフィチュール等の手作りスイーツをお届けする「由布院 鞠智(くくち)」。
商品の紹介や由布院の日々の出来事を紹介するブログです。

商品のご購入はこちら

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

  • 2014年08月(4)